江戸の暮らしが息づく技と美
TOP > 印章ケース

印章ケース

印章ケースとは



印章、その歴史ははるか昔、古代メソポタミアまで遡る。
 個人、または組織の責任や権威を表す印章。その歴史は紀元前3500年の古代メソポタミア文明まで遡るといわれます。
 日本でも、古来より使われていた形跡はありますが、平安以降、花押というサインの一種に取って代わられた時代が長く続き、印章が復活し、現代のように個人や組織の権威や責任を示す使われ方をするのは、江戸時代になってからのことです。
 明治に入ると、さまざまな制度の法整備が進むに連れて、印章の重要性はますます高まり、個人、法人問わず、社会生活において、自分の「分身」といえるほど、大切な道具となりました。
 その大切な印章の材が、木や象牙などの天然素材であったため、虫食いや破損を防ぐためのケースや入れ物についての重要性も高まりました。
 縁起のよい素材やデザインを中心に、全国でさまざまな印章ケースが生まれました。中でも丈夫で長持ちする天然皮革が高級素材として、広く使われるようになったのです。

会長挨拶 職人会の活動 取り扱い工芸品
葛飾区伝統産業職人会とは?
葛飾区伝統産業職人会は江戸(東京)の伝統技術を現代に受け継ぐ職人の団体です。平成3年に伝統産業の振興を目的として設立されました。





伝統工芸の技術を生かしたコラボ商品。すべて手作りです。
購入後のサポートも誠心誠意、対応させていただきます。



 

◆葛飾区伝統産業館
営業時間:11時から18時まで
休館日:月・火

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る


職人の指導による伝統工芸体験教室
葛飾区伝統産業館では、毎月第3土曜日に職人の指導による伝統工芸体験教室を行っております。
「伝統工芸に触れ、学び、体験する」をテーマにいろいろな職人から直接指導を受けることができます。
日程などの詳細情報は こちら をご確認ください。



日本の美、江戸の美が美しく伝わる映像です。2020年東京オリンピック開催を応援します。

全国一律送料500円!5,000円以上お買い上げなら送料無料です!!

ログインする

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

/> 記憶する


このページのTOPへ

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権は葛飾区伝統産業職人会に帰属します。
Copyright(C)2011 葛飾区伝統産業職人会 All rights reserved.