江戸の暮らしが息づく技と美
TOP > 江戸小紋 > 小宮染色工場

小宮染色工場

江戸小紋 有限会社小宮染色工場 小宮康孝



江戸時代、各大名が門外不出としてまで守った小紋。江戸の美意識の極みがここに現れています。
 江戸時代、世の中が安定すると、各大名たちは江戸城へ登城の際、着物の豪奢さを張り合うようになりました。それを見かねた幕府は、贅沢な着物の着用を禁じました。
 このことが、一見、遠目には無地に見えるけれど、近寄って見ると繊細な模様が描かれているというこれまでにない高度な染色技術が発達するきっかけとなったのです。
 やがて、各大名たちは、それぞれ代表的な模様を門外不出として保護するようになり、江戸の庶民の間でも小紋を粋とする文化が生まれました。
 大名が江戸城登城の際に、着用していたことから、小紋とはいえ、これら定め小紋は現代でも礼装として認められています。
 定め小紋の代表的なものには、前田家の「菊菱」や紀州の「鮫」などがあります。



葛飾区が誇る人間国宝、江戸小紋の小宮康孝氏
小宮康孝氏
 染工場に生まれた小宮さんは、区立上平井小学校卒業して以後、父の康助さん(昭和30年重要無形文化財江戸小紋保持者認定)のもとで江戸小紋染色に修行に励み、父親の技術を完全に受け継ぎました。
 修行の中で、優れた小紋染めをするためには、型紙や染料の研究が必要だと感じ、その研究に精力をつぎ込み、紋様、図柄の細かい、色あざやかな小紋染めの製作に成功しました。
 これが認められ、昭和53年に重要無形文化財保持者に認定されました。

[平成5年]葛飾区伝統工芸士 認定


小宮康孝氏よりコメント
 この小紋染めは自分の力だけではいい物はできません。いい生地をつくる人、いい紙をつくる人、いい型を彫る人がいなければいい製品はできません。
 ですからこの仕事にかかわっている職人さんを大切にしなければ、いい製品を作りつづけねばならないと常々思っています。当然自分自身も職人ですから、工夫と研究をサボったらいい製品はできないと心しています。

 ▲作業場での小宮さん。



 ▲江戸小紋とひと口にいっても、さまざまある。

 ▲遠めには無地見える、典型的な定め小紋。


小宮康孝氏 経歴
1925年 大正14年台東区浅草生まれ
1938年 小学校卒業後修行を始める
1960年 第7回日本伝統工芸展初入選
1964年 第11回日本伝統工芸展奨励賞受賞
1978年 重要無形文化財保持者に認定
1985年 東京都文化賞受賞
1988年 紫綬褒章を受章
1997年 康助、康孝、康正の作品を集めた、三代の作品展を葛飾シンフォニーヒルズで開催
1998年 勲四等旭日小綬章受賞
※小宮染色工場の江戸小紋は、東京近代美術館・MOA美術館他収蔵。



※商品の都合上、ネットでのお取り扱いはございません。お問い合わせは下のフォームから、お気軽にどうぞ。
会長挨拶 職人会の活動 取り扱い工芸品
葛飾区伝統産業職人会とは?
葛飾区伝統産業職人会は江戸(東京)の伝統技術を現代に受け継ぐ職人の団体です。平成3年に伝統産業の振興を目的として設立されました。





伝統工芸の技術を生かしたコラボ商品。すべて手作りです。
購入後のサポートも誠心誠意、対応させていただきます。



 

◆葛飾区伝統産業館
営業時間:11時から18時まで
休館日:月・火

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る


職人の指導による伝統工芸体験教室
葛飾区伝統産業館では、毎月第3土曜日に職人の指導による伝統工芸体験教室を行っております。
「伝統工芸に触れ、学び、体験する」をテーマにいろいろな職人から直接指導を受けることができます。
日程などの詳細情報は こちら をご確認ください。



日本の美、江戸の美が美しく伝わる映像です。2020年東京オリンピック開催を応援します。

全国一律送料500円!5,000円以上お買い上げなら送料無料です!!

ログインする

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

/> 記憶する


このページのTOPへ

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権は葛飾区伝統産業職人会に帰属します。
Copyright(C)2011 葛飾区伝統産業職人会 All rights reserved.