江戸の暮らしが息づく技と美
TOP > 江戸木彫刻  > 木彫工房「政山」福島彫刻所

木彫工房「政山」福島彫刻所

江戸木彫刻 木彫工房「政山」福島彫刻所 福島政山



江戸の木彫界を支える名工、そして、葛飾区伝統産業職人会を束ねる第四代会長。
福島政山氏
 福島政山さんは、昭和28年4月西田光次氏に弟子入りし、5年間修行、昭和36年に独立、現在に至っている。成田山新勝寺の獅子頭をはじめ、さまざまな神社仏閣、神輿の彫刻を手がけ、現代の名工の認定を受けた江戸木彫界の重鎮である。現在は、日本木彫連盟(江戸木彫刻)理事長であり、葛飾区伝統産業職人会第四代会長である。
 講演活動や後進の育成事業にも尽力し、門下生は東京都から表彰されるまでになっている。

[平成9年]葛飾区伝統工芸士 認定


福島政山氏よりコメント
 獅子や龍など仮想の動物を彫るのが得意なのですが、よく優しい顔をした獅子や龍と言われています。怖い顔をした獅子や龍を彫ろうとは思いませんが、なぜそう見えるのか、絵を書いたり、人の作品を見て研究したりしています。

 ▲葛飾の産業フェアにて、仏像を彫る実演をした時の模様



 ▲木目を生かし、表情豊かに彫り上げる作風で、現代の名工として認定された

 ▲仏像だけでなく、建築彫刻や神輿も数々手がけている


福島政山氏 経歴
昭和12年青梅市生れ
本名 政

東京都伝統工芸士
葛飾区伝統工芸士
東京都マイスター認定
厚労省の卓越技能賞受賞、現代の名工認定
葛飾区伝統産業職人会第4代会長(現在)
松上小学校学校協議員(地区自治会長)



※店舗の都合上、ネットでのお取り扱いはございません。お問い合わせは下のフォームから、お気軽にどうぞ。
会長挨拶 職人会の活動 取り扱い工芸品
葛飾区伝統産業職人会とは?
葛飾区伝統産業職人会は江戸(東京)の伝統技術を現代に受け継ぐ職人の団体です。平成3年に伝統産業の振興を目的として設立されました。





伝統工芸の技術を生かしたコラボ商品。すべて手作りです。
購入後のサポートも誠心誠意、対応させていただきます。



 

◆葛飾区伝統産業館
営業時間:11時から18時まで
休館日:月・火

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る


職人の指導による伝統工芸体験教室
葛飾区伝統産業館では、毎月第3土曜日に職人の指導による伝統工芸体験教室を行っております。
「伝統工芸に触れ、学び、体験する」をテーマにいろいろな職人から直接指導を受けることができます。
日程などの詳細情報は こちら をご確認ください。



日本の美、江戸の美が美しく伝わる映像です。2020年東京オリンピック開催を応援します。

全国一律送料500円!5,000円以上お買い上げなら送料無料です!!

ログインする

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

/> 記憶する


このページのTOPへ

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権は葛飾区伝統産業職人会に帰属します。
Copyright(C)2011 葛飾区伝統産業職人会 All rights reserved.